ダイエット 器具

ダイエット器具の効果はあるのか

近年、テレビやネットやお店の店頭でダイエットのいろいろなタイプの器具を売っているのをよく目にします。

 

実際、どのような器具がどのような効果があって良いのかわからないのが、実情だと思います。

 

定番のダンベルは、昔からよく知られていますが、今よく出ているダンベルは、プラスチックで出来ていて、その中に水をいれる量によって重さ調節が出来るようになっています。

 

また、今の若い方は、「ダイエット」というと、どちらかというと食事制限に結びついてしまい間食なし・ドカ食いなし・早食いなしなどは、日々の食生活においても基本的なことなのですが、まったく食べないというのはよくありません。

 

食事制限は、ちゃんと栄養バランスを取ってうまく制限しなくてはなりませんし、バランス悪く食事制限をしていると、最悪の場合体を壊してしまいます。

 

ダイエット器具は、一般的には部分的なものが多いように思われます。

 

全身に効果のあるダイエット器具というのはあまり目にしません。

 

トレーニングジムなどに行けばもちろんありますが、家庭で簡単に出来るダイエット器具でそういう目的のものを探すのも結構大変ですよね。

 

また、ものによっては、使い方を間違ってしまうと、事故を起こしかねません。

 

乗馬を擬似したようなダイエット器具、ベルトのようにお腹などに巻くダイエット器具や、サイドステッパーなど、色々なものがあります。

 

自分に目的に合った、また無理しないで使えるダイエット器具を使うことをお勧めします。

 

誰でも、ダイエット器具を使ったからといって、必ず確実に痩せられるわけではありません。

 

もちろん、人それぞれに体の作りは違いますから、そして効果の出方についても個人差も出るわけです。

 

しかし、公平かつ客観的にみると、1番は、やはり器具や食事制限をしないで、有酸素運動をするのが1番良いようです。

 

ダイエット器具に人気が集まるのは、家でテレビを見ながら出来たり、暇な時間に簡単に出来るという手軽さから支持されているようなものです。

 

基本は有酸素運動を主体に考え、時間が空いたときなどにダイエット器具を使うのが良いですね。