ダイエット 筋トレ

ダイエットは筋トレを活用しよう

脂肪を効率よく早く燃やす、それは筋肉量を増やし基礎代謝量をあげることです。

 

基礎代謝というのは、まったく体を動かさなくても、呼吸をしている、心臓を動かすなどで常に使ってくれるエネルギーのことです。

 

筋肉量を増やすと、その何もしなくても消費してくれるエネルギーが増えることを意味します。

 

筋肉量が大きくなると、より多くのエネルギー=脂肪を消費します。

 

例えば筋トレをして1%筋力量が増えたとします。

 

そうすると、息をしている、寝ている、会話をしているときなどの消費エネルギーが筋トレ前と比べて増えます。

 

それプラス、家事をしている、仕事をしているなどの消費エネルギーも増えます!

 

さらには、ジムに通っている人で、いつもと同じ時間、同じ負荷で、ウォーキングやエアロバイクをすると、それもなんと今までと同じ運動なのに消費エネルギーが増えます。

 

このように、今までと同じことをするだけで、筋トレをして筋肉量があがると、脂肪を燃やす量が勝手に増えるわけです!

 

身体は筋肉量が増えたことで、より多くのエネルギー=脂肪を必要とします。筋肉量が多い人は、食べてもすぐにエネルギーにかわるという体質になり太りにくくなるようです。

 

ダイエットのために筋トレをしている方からよくこんなことを耳にします。

 

「体重が増えているのに痩せているのか?」筋肉は脂肪の3倍近く重いと言われています。

 

筋肉量が増えることによって一時的に体重が増加する場合があります。

 

これは太ったのではなく、筋肉量が増えたのです。

 

ここから、有酸素運動などをすることにより、体重が減少してくるでしょう。

 

体重は気にせず体脂肪を目安にしましょう。

 

また、注意すべきことは、筋トレのやりすぎはオーバートレーニングといい、むしろ筋肉を削ることになるのですが、筋トレをした後の筋肉の回復には48時間から72時間必要だといわれています。

 

回復する前に筋トレを行うと十分な効果を得られません。

 

実際のところ一般人にとって、筋トレは週2回程度で十分のようです。

 

ダイエット中はどうやっても筋肉も微妙に落ちてしまうのですが、オーバートレーニングに陥ると筋肉減少を促進しかねませんので注意が必要です。