ゼニカル サノレックス

ゼニカルとサノレックスを比較する

ゼニカルという医薬品をご存知ですか?

この医薬品はスイスの大手製薬会社で開発された肥満治療薬です。

ゼニカルの働きは、食事と一緒に服用することで、その食事の脂分の吸収を阻害し、約30%の脂肪の吸収を阻止します。

それをそのまま体外へ排出してくれるのです。

肥満大国と言われているアメリカでは認可されているので、医療現場で肥満治療に役立てられていますが、日本では、現在未認可です。

そのため、海外製品を個人輸入する方がとても多いです。

ゼニカルは、食事でとった脂分の吸収を抑えてくれる働きをするので、食生活に関しては自分で気を付けなければダイエットになりません。

食事でとった脂分の吸収を抑えてくれるだけなので、現在身体についている脂肪が落ちることはありません。

ですから、楽して痩せられる魔法のダイエット医薬品という訳ではないのです。

日本で認可されている肥満治療薬に利用されているのは「サノレックス」という医薬品です。

これはゼニカルとは違い、食欲抑制剤と言われています。

摂食中枢に直接作用して、食欲を抑制することで、少ない食事量で満腹感を得ることができ、空腹感をあまり感じなくなります。

その上、新陳代謝を上げてくれるので、痩せやすい体質になり、計画的なダイエットが可能になります。

サノレックスはBMI35以上の方に関しては保険の適用がありますが、BMIが35に満たない方には、保険は適用されません。

この医薬品は、非常に依存度が高く、医師の指導のもと安全に使用することが大切です。

病院でも経過を見ながら、用量などを変え、長期間の服用は避ける傾向にあります。

このサノレックスも服用を始めてからの食欲が抑えられるというだけで、現在身体についている脂肪が落ちるわけではありません。

サノレックスは新陳代謝のアップも期待できるので、有酸素運動などと組み合わせることでより高い効果が期待できると言えます。

どちらも医薬品です。安全に使用しましょう。

>>ゼニカルの詳細はこちら<<